兄妹喧嘩の朝、その後のお話

1 月 21st, 2010

 こんにちは

あきこママです。

前回からの続きのお話。早速スタートします。

 

あきこママは、「とにかく」泣いている娘を抱っこして

何が起きたのか聞きました。

すると、下の娘は(–):「お兄ちゃんが意地悪した!」こう言ってます。

 

忙しい朝。

兄妹喧嘩。

あともう少しで、学校に行く、 幼稚園に送って行く時間。

あきこママが言った言葉がこれでした!

#^^#:「まったく、朝からなにやってるの!!!!」(怒)  

時間が迫っている状況で、ママの気持ちも余裕がありません。

そんな時、お兄ちゃんが一言。

(==):「なんだよ!ユキちゃんばっかり」

そうななんです。私は泣いている下の娘の話は聞いたのですが、

お兄ちゃんの話は全然聞かなかかったんです。 しかも、目も合わせずに。

○ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

魔法の習慣:子どもと目を合わせて会話することの大切さ ○ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

時間が迫っている中で、「なんとか」この場をおさめて子どもたちを送り出したい。

あきこママの気の焦りを、お兄ちゃんはしっかり感じていました。

子どもは親の心をしっかり見ていますよね。

 

気持ちを自分に向けていないママを、ちゃんとわかっている一言です。

この時、ハッと!してあわてて、お兄ちゃんに

 

#^^#:「いってらっしゃい」と声をかけましたが、思いっきり無視!

お兄ちゃんは 学校に行ってしまいました。

兄妹喧嘩から発した、親子の気まずい空気。

ママも子どもたちも、なんでこうなっちゃったのか(==*)

以上!うまくいかない朝。あきこママと子どもの様子でした

#^^# さて今は、あのイヤな雰囲気の朝から数時間がたち

もう少しで子どもたちが帰ってきます。 朝起きてしまった、

気まずい気持ちから切り返します。

気持ちを切り替えるために「なんでこうなっちゃったのか?」のか質問は横に置いて、

どうありたいのかの質問へ。

「あきこママは、また、子どもたちとハッピータイムをつくりたい」

の気持ちをシフトしていきます。

ポイントは、はやり、子どもたちの目を見ての

#^0^#:「おかえりなさーーーい!」の一言からです。

あなたは、気持ちが沈んだり、イヤな気持ちになった時、

 

どうやって、気持ちを切り替えたりしていますか?

▼お知らせです 小学生の家庭学習の工夫▼

子どもの意欲を引き出す家庭学習を目指すメルマガ 【家庭学習のすすめ】 http://archive.mag2.com/0001074963/index.html

▲あきこママから第2号発行中(テーマ:目標を達成する為の質問)▲

 


 

Entry Filed under: 未分類

Leave a Comment

Required

Required, hidden

Some HTML allowed:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


タグ

Calendar

2010 年 1 月
« 12 月   10 月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Most Recent Posts