産婦人科救急テレフォントリアージナース

Posted 5 月 12th, 2009 by moonbaby

北海道、札幌市からスタートした産婦人科救急トリアージの日中の委託業務を受けて早1ヶ月!!

やっと流れが出来てきました。

海外では潜在医療者の有効活用としてもテレフォントリアージを導入しています。

数十年やっていますが、訴訟が1件も出てないんだって!!凄い

小児科のトリアージナースは見たことがあるけど、産婦人科のトリアージナースって日本初ではないでしょうか??

産婦人科のテレフォントリアージは、基本的には助産師がやっております。

産婦人科経験からのグレーゾーンに対応すべく、また、何かおかしい。。。の勘って現場経験あってこそだなって思います。

もちろんトリアージは、産科医でもいいかとは思うのですが、本当に搬送が必要なケースは30%です。

その30%を産科医にトリアージしてもらっているような感じです。

産科医が少なく大変な現状、産科医が働く貴重な人件コストも考えれば。。。

必要なことを産科医に。産科医が必要ないことは、助産師で背負ってもいいんじゃないかなぁと思います。

6ヶ月でエビデンスは1000件ぐらい。。。

更に、安全なシステムになるように頑張っている次第でございます。

 

そういえば、昨日 飲み会がありまして。。。。^^

元弥生・ライブトアで現在、小僧株式会社 代表のひらまつさん

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%9D%BE%E5%BA%9A%E4%B8%89

がお見えになりました。小僧comというSNSを運営していて、なかなかアクティブにオフ会なんかもしてるんですよ

で、私は娘と参加!!!!

 

そしたらね。。。。「ムーンベビー!!助産師って英語で何て言うか知ってる??」ってさ。。。

助産師は、ミッドワイフでございます。

メンバーみんな、不思議そうだったよ><

ワイフってどうよ。。。

アットマークベンチャーの大津山さん

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B4%A5%E5%B1%B1%E8%A8%93%E7%94%B7

が、とっても娘を可愛がってくれて、「今度、ディズニーランド行こう」って娘と話してた

 

 

ベンチャービジネス研究所の酒井さんは大坂からっ

子供から大人まで、大坂・札幌・東京

みんなで楽しい交流でした^^

また、来札お待ちしてま~す!!^^

 

 

 

 

 

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>