» 2008 » 6 月のブログ記事

昨日は娘の生後9ヶ月検診に行ってきました。

今回予防接種はなしで指先に針を刺して血液検査のみ。
指先からぎゅっぎゅっと血液を絞られてうわ~~~~んと大泣きの娘。

指先に巻かれたガーゼを舐めてしまうので他に注意を向けるのが大変でした。

私も夫も背が高いせいか、標準より身長は高めらしい。
約75センチ、体重約8.7キロ。

最近の悩みは離乳食を食べてくれないこと(T_T)

初期のころはパクパク食べてくれていたのに、最近はおかゆなど2~3口食べて、後は必死に「いらない」とばかりに泣き叫ぶ、手で払いのける。

きなこがゆやつぶしたバナナ、フルーツも拒否。
何をあげても食べてくれません。。。。

人に食べさせてもらうのが嫌なのか、目の前に小さくちぎったパンやベビー用のクラッカーなど自分でつかんで食べるものを置くと自分で口に入れてくれます。

でもまだ歯が一本も生えていないため、つかんで食べられるものにも限界あり。
少し大きなものはのどに詰まって危ないし、何をあげたら良いのか途方にくれてます。

それでもミルクは普通に飲んで元気な様子なのであまり心配はしていないのですが、そのうち食べるようになってくれるかな?

娘は来週で生後9ヶ月。

初のつかまり立ちの瞬間です(^^)
まだ自分からは立てないのですが、私が立たせてテーブルにつかまらせてみたら自分で支えて立ちました。

しかもテーブルの上にあったボールペンまでくわえる余裕あり!
うれしい瞬間でした。

これからどんどん行動範囲が広がるんだろうな~。
周りにある危ないものを片付けなくちゃ・・・

娘は水ぼうそうにはかからずに済んだようですが、結膜炎になってしまいました。

朝起きたら目が開かないほど目やにがびっしり。。。
あらららら。。

右目の端が充血したように真っ赤になっている。
学校に行くのは断念し医者に行ったところ案の定、結膜炎の診断。

離乳食を食べているとき、食べ物がついた手で目をこすっていることが良くあるのでそれも原因のひとつかな?

食べているとき、どうしても手を口に持っていくので顔や頭まで食べ物だらけ。防ぐ方法がないのでタイヘン。

目薬をもらって明日も学校は欠席です。
あさっては州の祝日のため思わぬ3連休になってしまいました。
娘が病気じゃなければ楽しめるのですけどね~。。
仕事も溜まるし・・ふう~。

娘の学校で水ぼうそうが流行ってます(>_<)

1歳未満のクラスには現在6人の子供がいますが、
そのうち4人が水ぼうそうと風疹で休んでます。

うちの娘と生後4ヶ月の男の子だけが今のところ残っていて
いつうつってもおかしくない状態・・・

集団で生活してると防ぐのは難しいですね。
先月は毎週のように風邪をひいて熱を出してました。

一人が治るとまた別の子が休むの繰り返し。

12ヶ月になると水ぼうそうの予防接種があるのでそれまでは
うつらないでほしいな・・

ちょっと熱っぽいので心配。
ネットで色々検索すると水ぼうそうの症状がでているので注意して見守ります。

 
大きさがバラバラなところがいいでしょ?!

日本のスーパーではこんなにバラバラサイズでは売ってないような気がします。さすがハワイ?(^^)

わかりにくいですが、二つ並んでる小さいイチゴのほうが日本でも一般的に販売されているサイズ。
もうひとつは巨大サイズのイチゴ。手のひらにのっけても握れないほど大きいのです。

すももか?!というくらいのサイズ。

ハワイに来たばかりのころ、大きくて真っ赤なイチゴを買って食べるたびにがっかりしてました。
見た目はとても甘そうなのにす~~~ごっくすっぱいんですよ。。

日本のイチゴの感覚で口に入れるとあまりの味のギャップにびっくりです(@@)

アメリカ人にも日本のイチゴのおいしさを教えてあげたい。
きっとみんなもうアメリカのイチゴ食べなくなるでしょう(笑)

今回のイチゴはまあまあの味でしたが、日本のおいしいイチゴが食べたいな~♪