育児ポータル ムーンベビー | 助産師・医師・企業も参加。役立つ子育て支援サイト。

ムーンインフォ

HOME > ムーンインフォ > ムーンコラム > エンジョイ!ママライフ

母乳育児によるママと赤ちゃんの利点

『母乳育児』というと、「母乳はいい、といわれるけど大変そう」「何がいいのかわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今日は、「母乳育児の利点」ということで、簡単にまとめてみました。きっと、母乳育児中(または予定の方)は、「わたしってエライ!」と思うに違いありません。ちょっと、くじけそうになっても、母乳育児の利点を思い出して自信をとりもどせたらいいなと思います。

an180_la.jpg
母乳育児は子ども、母親、家族及び社会に対して利点がある。
それには健康、栄養、免疫、発達、心理、社会、経済、環境面での利点が含まれる。
(母乳と母乳育児に関する方針宣言:アメリカ小児科学会の勧告 2005)

 

子供にとっての母乳育児の利点

栄養面での母乳の利点は

赤ちゃんが生後六ヶ月までは母乳だけで成長できます。それは、栄養のバランスがよく、顎の発達も促し、消化吸収を促す物質も含まれているからです。また、母親は、適温・新鮮・清潔で、いつでも飲ませることができます。

母乳は病気の予防になる

2005年アメリカ小児科学会(AAP)勧告です。下記の病気の予防になると言われています。

1)母乳育児で発生頻度・重症度を減らす強い証拠がある病気

細菌性髄膜炎、菌結症、下痢症、気道感染症、壊死性腸炎、中耳炎、尿路感染症、早産児の遅発性敗血症、新生児期意向の乳児死亡率を21パーセント減少(米国)

2)母乳育児で発生頻度を減らすことが示される病気

乳幼児突然死症候群(1歳までの)、糖尿病(I型、II型)、リンパ腫、白血病、ホジキン腫瘍、過体重/肥満、高コレステロール血症、喘息

※世界的には「すべての赤ちゃんが出世後から完全母乳で育てられたら、毎年150万人の生命が救われる(ユニセフ、1999)」とされています。
※母乳中には、生きた白血球・免疫グロブリンなどの生理的物質が含まれています。これは、消化管などを含んだ、器官の成熟と免疫系の発達を促します。また、抗炎症・抗菌作用があり、赤ちゃんの免疫力を強くします。母乳中の生きた細胞も免疫系の補強に重要な役割を持っています。

母乳育児は、認知能力を発達

欧米では母乳育児をする母親の生活水準が高く、健康増進や教育に積極的です。また母乳に大量に含まれる長鎖多価不飽和脂肪酸、ホルモンなどの生理的活性物質が脳に影響し、認知能力が高くなるとされています。

 

ママにとっての母乳の利点

母乳は手間がかからない

・母親さえいれば与えられるので、面倒がない。
・外出時の荷物が少なくてすむ。
・夜、起き出してミルクを調乳しなくていいので、家族で安眠できる。

母乳育児の出産直後の利点

・母乳を吸わせることは、子宮の戻りを良くする
・母乳は、母子の絆の形成を促進

母乳育児は、体重減少(産後ダイエットになる)

母乳を飲ませると、非妊娠時より500kcalの熱量を必要とします。
1日100kcal(油大さじ一杯分)控えると、子どもに影響なく、一ヶ月に1~1.5kg体重を減らすことができます。

母乳は、赤ちゃんの病気の予防になる

・母乳は、ママの乳癌(閉経前に発症するもの)、卵巣癌、子宮体癌などエストロゲン(女性ホルモン)依存性の癌のリスクを下げます。
※母乳育児により排卵が抑制される状態が続き、エストロゲンレベルが下がるためと言われてます。

・母乳のママは、骨粗鬆症になりにくい 
※分娩後母乳育児を継続することによって骨密度は減少しますが、卒乳後、または、授乳中でも産後3ヶ月を過ぎると骨密度が回復します。授乳中のママの骨密度は回復されます。

 

あかちゃんとママの母乳の利点

母乳育児は、親子の絆を強めます

母性本能は学習によって研ぎ澄まされ、母乳産生にかかわるホルモンがそれを助けます。

・プロラクチン:乳汁の産生→子どもに夢中になれる「子育てホルモン」
・オキシトシン:射乳反射の促進→協調・穏やか・単調な仕事に耐えやすい・ストレス抑制の「抱っこホルモン」
赤ちゃんの要求に応えてあげることにより、基本的信頼感が育ちます。

「睡眠導入たんぱく質」のリラックス効果による母子の精神の安定します。

 

社会的な母乳の利点

※人工乳にかかる経費が不要(人工乳、その器具、お湯を沸かす燃料、消毒)
※環境にやさしい(びんや缶・母親の月経休止期間の生理用品のゴミが出ない、輸送・メタンガス削減→地球温暖化防止)
※病気の予防効果により、医療費削減につながる。

母乳は、生産されて消費者に配送されるうえで、いかなる環境汚染も、不必要な包装や廃棄物も生じさせることのない、数少ない食品の一つである。
母乳は免疫性やその他の健康上の恩恵と消費者に与える唯一の食品であり、その生産は生産者の健康をも利するのである。普通は見過ごされてしまうが、実に貴重で再生可能な資源なのである。
(アンドリュー・ラドフォード「人工栄養が与える生態学上の影響」1991)

 

情報提供  北海道・子育て中の女性を応援「W-project」
「フクロキタキツネ」代表 西川 明子

 

 

★快適なお産・育児のコラム TOPへ

このページの上部へ