育児ポータル ムーンベビー | 助産師・医師・企業も参加。役立つ子育て支援サイト。

ムーンインフォ

HOME > ムーンインフォ > ムーンの相談室

妊娠中の便秘

妊婦の便秘は何故起こるの?

妊娠初期は、黄体ホルモン(プロゲステロン)と言うホルモンが多量に分泌されます。ホルモンの働きの為に腸の運動が少なくなり妊娠中に便秘となりやすいのです。妊娠中便秘になりやすい理由は、妊娠中期になると、子宮が大きくなり腸が圧迫されることや、妊娠のため運動不足になりがちなこと。水分や食物繊維の摂取が少なくなることが便秘に関係しています。授乳中も母乳に水分がとられてしまう為、水分不足になりがちです。

妊娠中の便秘予防には、こまめな水分摂取が必要になります。 

 

妊娠中の便秘予防には、排便習慣をつけましょう

    1. 妊娠中は、規則正しい食事で便秘予防

      妊娠中の規則正しい排便には、、毎日の食事から規則正しくしましょう。規則正しく食べることが、妊娠中の規則正しい排便につながります。妊娠中とは限りませんが、特に朝食はとるようにしましょう。
      胃に食べ物が入ると腸が刺激されて、スムーズな排便につながります。

    2. 妊娠中は、水分を十分にとって便秘予防

      妊娠中に水分を十分にとることも、快便につながります。普段の忙しさの為に水分不足とならないようにしましょう。また、朝おきがけにコップ1杯の冷水を飲むこともおすすめ。腸を刺激し、排便への合図となります。しかし、水分制限される妊婦さんもいらっしゃいます。腎臓の疾患・妊娠中毒症の方は医師に相談しましょう。妊娠中の便秘は、自己判断で下剤の服用をするというのは、NGです。かかりつけの、産婦人科の先生と相談して下さい。

    3. 妊娠中は、特に食物繊維をとって便秘予防

      食物繊維は水分を吸収して便を柔らかくし、便の量を増やしてくれます。スムーズな排便には、それなりの量が必要。食物繊維の多い野菜や海草類をたっぷりとります。食事は、食物繊維の多いもの・適度な油分や水分。妊婦さんでも経過が順調であれは、軽い運動・排便習慣をつけて、便意を我慢しないことが妊娠中の便秘の予防になります。

 

穀類 オートミール、玄米、ライ麦、はと麦、米ぬか等
イモ類 じゃがいも、さつまいも、さといも、やまいも、こんにゃく等
豆類 大豆、小豆、いんげん、枝豆、グリーンピース等
大豆製品 もめん豆腐、おから、納豆、味噌、きな粉
海草類 ひじき、昆布、ワカメ、海苔、寒天等
きのこ類 干椎茸、なめこ、えのきたけ、しめじ、きくらげ等
野菜類 かんぴょう、切り干し大根、ごぼう、れんこん、たけのこ、南瓜、
もやし、おくら、ほうれん草、白菜、にら、ふき、アスパラガス、
キャベツ、茄子、セロリ、とうもろこし、モロヘイヤ等
果物類 みかん、イチゴ、梨、レーズン、干し柿、干し杏、りんご、バナナ
(果物は糖分が多いので取りすぎには注意しましょう。)

 

妊娠中の下剤には?

    1. 水分の吸収を抑えて、腸の内容物を多くするタイプ
    2. 腸の「粘膜を刺激して、腸の動きを促進するタイプがあります。

プレママさん授乳中のママさんは下剤を飲むことも注意が必要です。
妊娠中や授乳中に便秘の為に、下剤を飲む際は、医師に相談して下さい。

妊娠中の多量の下剤の服用は、場合によっては、早産・流産の可能性もあります。だからと言って、妊娠中に便秘が続いて過剰に腹圧をかけるのも良いことではありません。妊娠中は、排便の状況にあわせて、医師と相談してコントロールするのが安心です。また、妊娠中に下剤を飲むことはあくまで対処療法ですので、日常の食事と生活習慣の改善から便秘や下痢を解消するようにしましょう。

 

 

このページの上部へ