育児ポータル ムーンベビー | 助産師・医師・企業も参加。役立つ子育て支援サイト。

ムーンインフォ

HOME > ムーンインフォ > ムーンコラム > もうすぐママ!妊娠のこと

妊婦のシートベルト

妊婦のシートベルトと法律

妊婦のシートベルトは、子宮や胎児への圧迫を考えてしまいますが、諸外国は原則として装着義務があります。

◆原則として妊婦のシートベルト装着義務のある国

カナダ・アメリカ・スウェーデン・フィンランド・ベルギー・オーストリア・ギリシャ・スペイン・イスラエル・オーストラリア・ニュージーランド・シンガポールは妊婦さんもシートベルトの装着義務があります。

◆妊婦は、医師の診断書でシートベルトが免除になる国

イギリス・ドイツ・イタリア・オランダ・スイスは、医師の診断書で妊婦さんのシートベルトが免除になります。※先進国で日本のように妊婦のシートベルト免除になる国が無いのが現状です。

 

妊婦にシートベルトは必要?

現在、日本でシートベルトをしない妊婦は、8割⇒5割にまで減ってきたと言われています。シートベルトを装着しない妊婦の事故の際、胎児死亡率は約3~4倍になると言われています。赤ちゃんのもしもの安全を守る為には、妊婦さんもシートベルトは装着することが必要です。自動車保険の約款では、胎児に関しての保険の規定がございません。妊婦さんのママが赤ちゃんをシートベルトでしっかり守ってあげましょう。

 

妊婦のシートベルトの締め方

お仕事する妊婦さんも多くいらっしゃいます。車を運転してお仕事されているプレママも多いはず。では、どのように妊婦さんは、シートベルトを装着すれば良いでしょうか?
お腹のふくらみにシートベルトをかけるのは、妊娠中はNGです。妊娠中、腰ベルトは子宮にかからないように恥骨前の低い位置にします。腰ベルトは、鎖骨の中央から乳房の間を通します。出来れば、プレママは運転よりも後部座席でしっかりシートベルトするのが一番。妊娠中は、大切なお腹の赤ちゃん、シートベルトでしっかり守って下さいね。。

 

 

このページの上部へ