育児ポータル ムーンベビー | 助産師・医師・企業も参加。役立つ子育て支援サイト。

ムーンインフォ

HOME > ムーンインフォ > ムーンコラム > 子供とアロマな生活

ローズマリー(アロマ精油の効果)

ローズマリー

■学術名 Rosmarinus officinalis
■抽出部 花と葉
■抽出方法 水蒸気蒸留法
■オイルの色 透明
■ブレンドファクター 2
■オイルの香り 樟脳のようなしみを通るフレッシュな香り
■オイルのNote ミドル

ローズマリー

 

※注意事項 
1.高血圧、月経過多、多量月経の方は使用を避けたほうがよいでしょう。

2.刺激が強いので、てんかん体質の方や妊娠初期の方は使用を避けたほうがよいでしょう。

3.多量に用いるのは避けたほうがよいでしょう。4.ホメオパシーの治療中は使用を避けましょう。

 

ローズマリーの体に対する働き

筋肉・神経 ★①中枢神経を刺激し、脳を活気づけます。(言語・聴力・視覚の障害および一時的な麻痺)
        ★②痛みを鎮める作用があります。(リウマチ、筋肉痛、神経痛、月経痛、頭痛、偏頭痛)

循環器 ①循環器への強壮作用があり、心臓を刺激します。(低血圧、貧血)

呼吸器 ①肺への強壮作用があります。(風邪、流感、副鼻腔炎、カタル、慢性気管支炎、喘息)

消化器 ①肝臓への強壮作用があり、胆汁分泌促進作用があります。
       (肝臓の鬱滞、肝炎、肝硬変、胆石、黄疸)
      ②消化を促進する働きがあります。
       (消化不良、胃痛、鼓腸)

その他 ①少量月経を正常化します。②利尿作用があります。③セリュライトと肥満に良いでしょう。
      ④血中のコレステロールを下げるのに役立つでしょう。⑤殺菌消毒作用があります。
      ⑥鎮痙作用があります。⑦発汗作用があります。

 

ローズマリーの肌に対する働き

肌のトラブル ①強い収斂作用があります。(肌のたるみ、むくみ)
頭皮 ①頭皮を刺激します。ふけを抑えます。(髪の成長)

 

ローズマリーの心に対する働き

前向きな気持ちになりたいとき ①心をげんきにさせ、強い気持ちにさせます。
                     (精神的な疲労、抑鬱、無気力、気弱になっているとき)

集中したいとき ★①頭脳明晰化作用があります。

 

 

記 JAA精油テキストより参照

ムーンベビーでは、アロマスクールも開催しています。

メディカルアロマのローズマリーの精油

このページの上部へ