育児ポータル ムーンベビー | 助産師・医師・企業も参加。役立つ子育て支援サイト。

ムーンインフォ

HOME > ムーンインフォ > ムーンコラム > 子供とアロマな生活

レモン(アロマ精油の効果)

レモン

■学術名 Citrus limon
■抽出部 果皮
■抽出方法 圧搾法
■オイルの色 薄い黄色
■ブレンドファクター 3
■オイルの香り フレッシュで鋭い柑橘系の香り
■オイルのNote トップ

remon.jpg'

 

※注意事項 
1.敏感肌を刺激することがあります。多量に用いるのはやめましょう。

2.使用後に日光に当たるのは避けましょう。ローションやマッサージオイル塗布後5,6時間は日光に当たるのは避けましょう。この精油だけで2%以上の濃度にしたものを塗布するときは12時間は日光に当たってはいけません。日焼けサロンの紫外線も同様です。

 

レモンの体に対する働き

循環器系 ★①赤血球・白血球を活性化させます。(貧血・免疫力の向上)
       ②血液の流動性を高めます。また、強心作用があります。(高血圧、静脈瘤、むくみ)
       ③毛細血管の損傷を修復します。

呼吸器 ①高い体温を下げ、消毒効果があります。(咽喉炎、咳、流感、気管支炎)

消化器 ★①消化器系のトラブルに役立ちます。(食欲不振、むかつき、吐き気、胃酸過多、胃痛)
      ②膵臓を強壮し、膵液の分泌を促進します。 ③肝臓を強壮します。
      ④緩下作用と駆風作用があります。(便秘、鼓腸)

泌尿器 ①利尿作用があります。②結石溶解作用があります。(腎結石)

体全体 ★①殺菌消毒作用があります。(風邪、虫刺され、傷全般)
      ★②体の中の酸を中和させます。(通風、関節炎)

その他 ①止血効果があります。(鼻血、傷全般)②血糖値を抑制します。
      ③頭痛・粘頭痛、リウマチの痛みを緩和させます。
      ④防虫作用があり、セリュライトを改善します。
      ⑤虫刺されに効果があります。⑥止痒作用があります。

 

レモンの肌に対する働き

軽い漂白作用 ★①死んだ細胞を取り除く作用があります。(くすみ、しみ)

皮脂 ①収斂作用があり、皮脂の分泌を抑えます。(脂性肌〔肌・頭皮〕)

肌のトラブル ①皮膚を軟化させます。(いぼ、うおのめ、たこ、足の裏の角質)

 

レモンの心に対する働き

リフレッシュしたいとき ①心を落ち着かせ、新たな気持ちにさせます。

集中したいとき ①頭脳明晰化作用があります。

 

 

記 JAA精油テキストより参照

ムーンベビーでは、アロマスクールも開催しています。

メディカルアロマのレモンの精油

このページの上部へ