育児ポータル ムーンベビー | 助産師・医師・企業も参加。役立つ子育て支援サイト。

ムーンインフォ

HOME > ムーンインフォ > ムーンコラム > 子供とアロマな生活

オレンジ(アロマ精油の効果)

オレンジ

■学術名 Citrus sinensis(オレンジ・スィート) Citrus aurantium(オレンジ・ビター)
■抽出部 果皮
■抽出方法 圧搾法
■オイルの色 薄い黄色
■ブレンドファクター 3
■オイルの香り 柑橘系特有のリフレッシュできる快い香り
■オイルのNote トップ

※注意事項 
1.長期にわたって使用したり、一度に大量に使用したりすると敏感な肌を刺激してしまうことがあります。
2.オレンジ・ビターは使用後すぐに日光に当たるという光感作を示すことがあります。オレンジ・スィートは資料によっては光感作がないというものもありますが、トラブルを回避するためにローションやマッサージオイル塗布後5,6時間は日光に当たるのは避けましょう。オレンジ・ビターの精油だけで1.4%以上の濃度にしたものを塗布するときは12時間は日光に当たらないようにしましょう。日焼け用のサンベッドの紫外線も同様です。

●オレンジの体に対する働き

消化器 ★①胃に対して強力な鎮静作用があります。また、健胃作用、食欲増進作用があります。(食欲不振、消化不良、胃痙攣)②腸の調子を整えます。(下痢、便秘、鼓腸)③胆汁の分泌を促します。(コレステロールが気になるとき)
筋肉・骨 ①痛みと痙攣を抑える作用があります。(筋肉痛)②骨を強化し、コラーゲンの形成を促進します。
体全体 ①免疫力を向上させます。②解熱作用があります。③ビタミンCの吸収を促進します。(風邪、老化防止)

●オレンジの肌に対する働き

肌のトラブル ①発汗作用があるので、毒素をスピーディに除去します。(すっきりしない鬱滞した肌)
老化対策 ①コラーゲンの形成を助けます。(しわ、乾燥)
肌の強壮 ①トニックになります。

●オレンジの心に対する働き

明るい気持ちになりたいとき ①心を明るくさせ、高揚させます。(抑鬱的な気分のとき、うんざりしたりエネルギーがないとき、不安なとき)
前向きな気持ちになりたいとき ①建設的な物の見方ができるようになるでしょう。
リラックスしたいとき①緊張やストレスを感じるときに、リラックスさせてくれるでしょう。(心配、過敏)

記 JAA精油テキストより参照

ムーンベビーでは、アロマスクールも開催しています。

メディカルアロマのオレンジの精油

このページの上部へ