育児ポータル ムーンベビー | 助産師・医師・企業も参加。役立つ子育て支援サイト。

ムーンベビーの活動・理念

HOME > ムーンベビーの活動・理念 > ベビーファースト認定制度

ベビーファースト認定制度

子育てに関する雇用体制が確立している事業者を認定する制度「ベビーファースト認定制度」を始めます

現在、雇用環境の変化に伴い人員不足を訴える企業が増えてきています。
しかし、一方では子育て中の主婦に対する雇用環境が整備されていない実情がございます。

「子育て中の家族が働きやすい雇用体制を」との強い要望から、ムーンベビーでは、雇用体制の向上を実現すべく、整った雇用体制が確立している事業者を認定する制度「ベビーファースト認定制度」の運用を開始致しました。

概要

子育てに関してどのような体制をとらなければいけないのか
第三者が客観的に雇用環境を評価する制度であることから、事業者にとっては法律への適合性はもちろんのこと、
自主的により整った雇用体制を確立し、子育てに優しい運用をしていることをアピールする有効なツールとして活用することができます。

目的

ベビーファースト認定制度は、事業者が子育てをする家庭への雇用取扱いを適切に行う体制等を整備していることを認定し、その証として“ベビーファースト”の使用を認める制度で、次の目的を持っています。

  • 企業が、子育て労働力の確保・働きやすい環境を積極的かつ自主的に改善する雇用管理の改善(ポジティブ・アクション)を目的とする。
  • 妊娠中の女性労働者が健康的に働ける母性健康管理の改善を目的とする。
  • 妊娠・出産・育児に関して、身体的・精神的・経済的に不利益なく安心して働ける環境改善を目的とする。
  • 雇用者にも明確に認定制度で示すことによって、労働者との意識の向上を図ることを目的とする。
  • 適切な雇用管理を推進することによって、社会的な信用を得るためのインセンティブを事業者に与えることを目的とする。

基本的な労働環境の改善から見直し・改善していきます。
それが遂行されているか、第三者の評価から客観的にアドバイスを受け、雇用環境の積極的マネジメントを確立し、運用していることをアピールする有効なツールとして活用することができます。

有効期限

一回の認定による認定マークの付与の有効期間は、2年間です。
ただし、更新の手続きによって2年間の延長を行うことができます。以降は、2年ごとに更新を行うことができます。

審査費用

審査費用 単位:円(消費税込)
種別 新規のとき 更新のとき
事業者規模
小規模
中規模
大規模
小規模
中規模
大規模
申請料
50,000
50,000
50,000
50,000
50,000
50,000
審査料
200,000
450,000
950,000
120,000
300,000
650,000
認定発行料
50,000
100,000
200,000
50,000
100,000
200,000
合計
300,000
600,000
1,200,000
220,000
450,000
900,000

申請料

申請時に認定の可否に係らず必要です。ムーンベビー事務局からの請求に基づき、お振込みください。なお、申請料の振込みを確認したうえで、審査手続きを開始いたします。形式審査の結果、受理できない場合であっても、申請料は返却いたしません。

審査料

審査に認定の可否に係らず必要です。審査料には、審査関係事務、書類審査、報告書作成、現地審査の各費用を含みます。

また、審査料は、現地審査に要する時間を小規模4時間・中規模6時間・大規模8時間以下の範囲内として設定したものです。この時間を超えた場合は、1時間当たり4万円(消費税込)を追加請求できるものとします。

なお、上記金額以外、現地調査にかかる交通費、宿泊費は、協会及び指定機関の規程により別途請求いたします。

マーク使用料

付与の認定を受けたら、認定の有効期間(2年間)の使用料を一括して納めてください。

現在、ムーンベビーでは子育てしやすい雇用環境を整えるためのアドバイスも行っております。
ベビーファースト認定の予審として、また準備としてもご相談を受けております。

詳しいお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いいたします。

このページの上部へ